「デジタルマーケティング」と「Webマーケティング」はどう違うの?

最近よく聞く言葉に「デジタルマーケティング」や「Webマーケティング」がありますが、そもそも「 デジタルマーケティングとWebマーケティングは、どう違うの?」
そんな疑問を持った方も多いのではないでしょうか?

そこで、今回は「デジタルマーケティング」と「Webマーケティング」の違いについて、考えてみましょう。

目次

「デジタルマーケティング」と「Webマーケティング」の検索数推移

最近、「デジタルマーケティング」ってよく聞くけど、「Webマーケティング」とは違うのかな?

そうだね。最近、「デジタルマーケティング」ってよく聞くようになった印象があるよね。実際どうなんだろうね?最近まで(2006年からの15年間)の検索数の推移をGoogleトレンドで見てみようか。

「デジタルマーケティング」と「Webマーケティング」の検索数推移

全体的には「Webマーケティング」で検索している人の方が多いんだね。

そうだね。2010年代後半は両方のキーワードが同じように検索されてるけど、2020年に入ってからは、「Webマーケティング」の検索数が急激に伸びてるのね。

どうしてだろう?
DXやコロナ禍の時期と重なるね。関係あるのかな?

コロナ禍で非対面接客やリモートワークのニーズが増えて、企業のDXは加速したって言うしね。
上の表を見ると、「デジタルマーケティング」は2009年頃に一時期検索数は多かったみたいだけど、比較的最近検索数が上がってきてるね。業界が限られていたとか、専門的な言葉だったのかな。
「Webマーケティング」って言葉の方がもともと認知されていたし、DXやコロナ禍でニーズが一般的になったってことなのかもね。

「デジタルマーケティング」と「Webマーケティング」の違いとは?

ところで、本題の「デジタルマーケティング」と「Webマーケティング」の違いだけど、デジタルマーケティングとWebマーケティングはどう違うのかな?

デジタルマーケティングとWebマーケティングは「範囲に含まれる手法」が違うみたいね。

「範囲に含まれる手法」って何?

そもそも、「マーケティング」っていうのは、お客さんが買いたいと思う仕組みをつくることでしょ。「デジタルマーケティング」はデジタルを介してお客さんに買ってもらう仕組みをつくることなの。

「Web」もデジタルだよね。

そう。だから、「Webマーケティング」はデジタルマーケティングの一部で、Webマーケティングの手法はデジタルマーケティングに含まれることになるのよね。

「デジタルマーケティング」と「Webマーケティング」にはどんな手法があるの?

そうか。例えば、
集客するための広告やSEO、
購入してもらうためのランディングページ最適化(LPO)や入力フォーム最適化(EFO)、
リピートしてもらうためのメルマガ。
これらは、Webマーケティングの手法だよね。
じゃ、「デジタルマーケティング」には、どんな手法があると思う?

例えば、SNSの活用とか、スマホアプリ、マーケティングオートメーション(MA)なんかもそうだよね。

確かにね。つまり、マーケティングの中に、デジタルマーケティングがあって、その中にWebマーケティングが含まれてる三重の円のイメージだね。

マーケティング概要図

こうして考えてみると、売上を上げたり成約したりするには、Webマーケティングだけでもなく、デジタルマーケティングだけでもなく、オンラインもオフラインも含めたマーケティング全体の施策が必要だね。

そうだね。

でも、実際にいろいろな施策をしてるけど、結果につながらない企業も多いよね。

マーケティングの前に!ブランディングの重要性

そうなのよね。この時に必要なのは、企業の強みや方針を社内で明確に共有しておくこと。部門間で戦略にズレがあると、施策もバラバラになるから、効果も出づらくなるの。

そうか、例えば営業部と広報部がそれぞれ方向性の違う戦略をとったりすると、施策の一貫性がなくなるね。

そう、だからブランディングが大切なの。企業の強みはどこにあるのか、お客さんのニーズは何なのかを明確にしないとね。
そして、自分たちのお客さんがどこにいるのか分かったら、そのお客さんに伝えるためのメッセージや、デザインや方法を社内で共有(インターナルブランディング)して、一貫したマーケティング戦略を持つことが大切なの。

そうすれば、戦略が社内でずれることはないね。
ブランディングの重要性をもっとみんなに知って欲しいね。

そうだね。情熱や信念を持って商品やサービスを提供している中小企業にこそ、知って欲しいね。

デジタルマーケティングとWebマーケティングの違いについて、ご説明しました。
オンライン・オフライン共に一貫したマーケティング戦略を実施するためのブランディングについては、また別のブログでご紹介します。

目次
閉じる